警備の仕事とは

警備の仕事は、大きく4つに分類されます。

【警備業務の区分】

・1号警備業務(施設警備業務)
→ 空港保安警備業務 施設警備業務 機械警備業務など

・2号警備業務(交通・雑踏警備業務)
→ イベント警備 交通誘導警備 駐車場警備

・3号警備業務(運搬警備業務)
→ 貴重品運搬警備 核燃料等危険物運搬警備

・4号警備業務(身辺警備業務)
→ 要人警護 ボディーガード 緊急通報サービス 

このうち、当社では1号警備と2号警備を請け負っております。

【警備業務の仕組み】

警備は、お客様の需要に応じて、警備というサービスを提供する仕事です。仕事柄、一見警察と同様のように思われがちですが、警察業務と警備業務の一番の違いは、警備業務を行う警備員は特別な権限を有していないという点です。そこには、強制力や拘束力はありません。そして、契約の上、営利目的で行う業務である事から、ボランティアや店舗の店員等による車両誘導は、警備業には含まれません。

・各都道府県公安委員会の認定を受けて、警備業務を行う業者を警備会社という
・各警備会社に所属し、警備業務を提供する従業員を警備員という
・警備というサービスを提供する仕事
・警備業務とは、他人の需要に応じて行うものをいう(警備業法第2条)
・他人の需要に応じて行う業務とは、依頼があり、契約の上、営利目的で行う業務である
・ボランティアや、店舗の店員等による車両の誘導などは、警備業に含まれません
・警備業務を行う警備員は、特別な権限を有していない(強制的な権利を有していない)

【サービス業としての警備】

警備に当たる警備員は、常に周りから見られている事を意識し、存在が安心感につながるような言動が求められます。

・警備業は、安全・安心を提供するサービス業である
・警備は接客である
・警備業でのお客様は、現場で接するすべての人
・信頼していただける警備接客をする