AI交通誘導警備

滋賀県で初めてAI交通誘導警備(KB – eye)を導入いたしました。

本ページでは、AI 警備の概要や、「AI警備の機材や警備の流れ(使用の印象)」、「AI警備のメリット(お客様へのおすすめポイント)」、クライアント現場監督様よりいただきました「AI警備導入のきっかけや活用について」など、AI 警備に関して受けましたインタビュー内容のリストを掲載しています。

AI 警備とは?

AI交通誘導警備

AI 警備は、カメラで車を検知し、LED看板で「止まれ」「進め」「この先工事中」「緊急車両」等を表記し交通誘導警備を実施できるシステムです。AI による映像解析で、車両や歩行者の接近を検知します。

警備員の代わりに交通規制の先頭にAI(LED看板)を配置し、車両を誘導することで警備員の安全の確保や、警備員の数を減らしより効率の良い警備計画を立てることができます。

事業紹介